骨格誘導型3Dインソール

業界初!たった60%の力で歩かせてくれる歩行アシストインソール

3Dインソールは、万人異なる「アーチ高」に着目、足の裏に「平常な土踏まず」をつくります。
 

従来型との3Dインソールとの違い

従来の一般的インソール骨格誘導3Dインソール
足裏を支え、庇う足裏を使わせ、鍛える
現状形のまま維持本来あるべき理想形へ誘導
「土踏まず」を埋める「土踏まず」を作る
足が動かないように固定する足を動かし歩かせる
足の形を一定に保つ足の形を変化させる
なんとなく立体的超!!立体的

全身の4分の1の数を占める足の骨は、多数の骨の集合体で、歩行時さまざまな形へと変化します。

骨格誘導3Dインソールは、フットプリントを採取、足を計測した上で、個人差のある骨格形状に対し、12種類のパーツからチョイス「本来あるべきアーチの高さ」へ誘導、独自の専門技術でカスタマイズ作成いたします。

靴の中であっても、足を歩かせるようにアシスト、骨格の崩れ・捻じれを、本来あるべき元の位置に戻し、各関節に理想可動域を取り戻します。

足のリフォームでは、速い方で1年、崩れの大きい方では4年ほどをかけ、

◆トライアルポジション
  ↓
◆ステップアップポジション
  ↓
◆アドバンスポジション
  ↓
ニュートラルポジション

と、パーツ位置の変更やパーツの高さを変更しながら、徐々に足を変化させていきます。
最終的に、ご自身の本来あるべきアーチ(足弓)へと回復させます。

扁平足・ハイアーチ・開張足・外反母趾・内反小趾など、足トラブルの根本的改善、さらに、腰痛・膝痛・O脚などにも非常に有効です。

※3Dインソール単体での注文はできません。初めての方は、「足と靴で診る健康チェック」へお越しいただき、インソール作成の為の「足のコンサルティング」が別途必要です。足のリフォームにかかる年数は、個人差がございます。カウンセリングでご相談ください。


アシタスタイルは、骨格誘導3Dインソール正規取扱代理店です。

3Dインソール作成における注意事項】

※3Dインソール作成時は必ず足の状態を確認できるフットチェックを受けてください。もしくは3ヶ月以内に採取したフットプリントが必要です。
 

3Dインソール作成は、メガネの作成に似ています。 
姿勢が良い状態でオーダースーツを仕立てるのに似ています。

足はとても強固で丈夫ですが、同様にとても緻密で繊細です。古いデータで3Dインソールを作成することは、足のリフォームの後退を意味します。せっかく進化しようとしている足が、異なる誘導で退化となることを、今一度、ご確認いただきたく、ここへ追記しておきます。