琴線に触れる靴

ブログ

アシタスタイル代表、井手口です。

不意に出る涙って、真の自分からの訴えだと、常日頃から思っている私ですが 、先日、こんなことがありました。

 
アシタスタイルのスニーカーへ3Dインソールを装着試着して歩き出した途端、急に泣き出したお客様がいらしたんです。


びっくりして、
「どうしたの?なにがあったの?」と訊ねましたら、実は、本人が一番ビックリしていらっしゃいました、ご自分でも意図しない涙に。

  
「さまざまな感動が一気に押し寄せました…」
と、仰いました。


気持ちよさ。
嬉しさ。
安心感。
困り果てていた頃の自分の苦悩。
アシタスタイルを見つけた瞬間。
講座で受けた衝撃。
ここまで変化した自分の心と体。

それと同時に、

このスニーカーが完成するまでに
いったい雅恵さんは
どれだけの経験をしてきたんだろう?って

そんな事を思っていたら
怒涛の感動が一気になだれ込んできて、
想像を越えちゃって、
心と体が勝手に震えだしちゃった。

「映画を観たときみたい」
と、仰いました。
  

そんな風にお客様へ感動を届けられる靴が
とうとう出来上がったんだなぁ~って、
しみじみしました。

ハートがじんわり温まりました。

おかげさまです。
ありがとうございます。
 

琴線に触れた時、人は涙を流します。

それが、ほんとうの自分からの訴えだからです。

大人も「大人だから」と堪えずに、泣きたいときは泣けばいいと、私は思います。

泣いたら自分のことがよーーーーく、わかる。
  
我慢していたんだなってことに気がつけますし、
本当はどうしたいの?って
自分へ問いかけるきっかけができます。
 

井手口は、今日も自分に問いかけながら、素直に生きようと思います。

アシタスタイルのスニーカーは、私の中に棲むほんとうの私の訴えに従った結果、出来上がったものです。

モヤモヤを無視せず、忠実に、身体に従ってきたからこそです。
 
 
泣けるって安心の証で、人間だけが持つ特権でしょ?

深い森の中でそれをやってしまうと、猛獣たちにたちまちに喰われてしまいますからね…

それではまた!