たまには、ハルのおはなし

巷は春たけなわ。
アシタスタイルは年中ハルたけなわ(^^;

皆様お疲れ様です。
ハルのお世話係こと、スタッフあきこです。

たまには、ハルのことを徒然なるままに書こうと思います。

まもなく1歳になるはずの、ハルです。
保護猫なので、正確な誕生日は分かりません。
去年の8月に初めてこの子に会った時、「だいたい3ヶ月くらいかしらねぇ」ということだったので、5月の中頃がこの子の生まれた時期だと思います。

アシタスタイル初日のハル

小っちゃくて背骨がごつごつするほど痩せていたハルですが、
今ではだいぶしっかりした体つきになりました。

テレビっ子です

店長としてのハルの仕事は、接客。

  
井手口と一緒に、カウンセリングに参加しています。

写真はありませんが、お客様が座るソファの横にちょこんと座らせると、
そのままお客様の隣で寛ぎまくります。
ナデナデもOK。(但ししっぽとお腹は苦手です)

お客様に遊んでいただくこともしばしば。

ありがたいことに、アシタスタイルにいらしてくださるお客様は、猫好きさんがとても多いです♥
アレルギーがある方がいらしたときは、別の部屋に待機させるのですが、
お帰りの際
「ちょっと会ってもいいですか?」
「撫でてもいいですか?アレルギーだけど猫は好きなんです」
と仰られて、ご面会をされる方もいらっしゃいます。
本当にありがたいなーと思います。

猫には癒しの効果もあるようで、触れ合ったお客様が、いつも以上の笑顔になって帰路につかれるのが、とても印象的です。
もちろん、アシタスタイルスタッフの3人も、毎日ハルに癒され、助けられ、笑顔をもらっています。

井手口はハルを迎えるまで、「猫を家で飼うなんて、よー分からん!」派でした。
何故なら、井手口が生まれ育った長崎は、街中に猫がウロウロしているのが当たり前で、
時にはご飯のおかずを、どら猫ちゃんにネコババされたこともあったとかなかったとか。
そんなわけで、「猫と家の中で暮らす」というのがしっくりこなかったようです。

ハルが赤ちゃんの頃は「抱っこしますか?」と渡そうとしても「いや、ダメ、無理」でした。
ですが、おしゃべり好きで遊び好き、物怖じしないハルと日々過ごしていくうちに、どんどん関係性が変化していきました。
あとハルは、驚くくらいいたずらをしません。
猫だったら乗りたがるようなシューズの展示ラックにも登らないし、シューズを落としたり、いじったりもしません。
不思議でなんですよね。
誰も教えていないのに。
暴れん坊過ぎないところ、なんとなく人間の言動を察知して無謀なことをしないのも、
井手口にはプラスポイントだったのかもしれません。

今や、井手口の朝は、
「おはようございまーす」とドアを開けると、
次の台詞は「ハルちゃんおはよー💕」です(^^ゞ
現在は完全に「ハルの遊び相手No.1」の座を獲得しています。

もう抱っこも楽々です♪

人間が苦手な猫も多くいますが、その点ハルは大丈夫のようです。
大好き―!まではいかないけれど、上手な距離感で、お客様のお相手をしてくれます。

最近は、お客様から『魅惑のち〇ーるタイム』を見たいというご希望が多いので、
ご要望にお応えして、トラもライオンもネコ科の動物はみんな大好きなおやつタイムを、お客様の前でお見せしたり、さらにご希望があれば、ご自身でおやつをあげていただくなんてこともやっております(^^ゞ

去年、新宿御苑から高円寺に移転して迎えた小さな小さな命が、
今や、アシタスタイルには欠かすことができない大切な仲間として、私たちの傍にいてくれます。
皆さんを笑顔にできちゃう、ちっちゃい身体にものすごいパワーを秘めたハル。
これからもハルの健康に気を付けて、大切に育てていきますので、
まだの方も、もう会っている方も、いつでもハルに会いにいらしてくださいね💖

  

時にはお仕事の邪魔をしてくれます(^^ゞ

 


Top