履いてきた自分の靴が、気持ちイイ違う靴に変わった「靴の着付け」に驚き

Voice

靴にはこだわりがあって、自分なりに選んできたつもりでした。シューフィッターさんや靴屋さんとも、靴の話で盛り上がれるほどでしたから靴を知っている自負がありました、その当時は。「アシタスタイルがどんなもんだろう」と行ってみたんです。井手口さんに靴ひもを締めてもらったら、足がしゅっとした。足がきもち良かった。温かくてほっこりして足湯に使っているみたいに眠くなる。足が軽くて靴の重みをまったく感じない。自分が履いてきた靴なのに違う靴みたいで、靴じゃなく、足そのものになってる驚きの新感覚でした。「全然違う!」井手口さんの足に対する思いに脱帽・降参でした。当時を振り返るとプロに対してなんと失礼でゴメンナサイ!な浅はかな私の恥ずかし話。今となっては若気の至りだったと笑い話へ変えることができました。アシタスタイルに出会ってからのいろいろ全部が、いい思い出です。A.K様