足の躾(しつけ)の意義

足の躾は、暮らしの中で実践する足運びの練習です。

足運び上達のメリット

  • 足音が立たない
  • 静かに暮らせる
  • 靴が傷まない
  • 疲れない
  • つまずかなくなる
  • 踏ん張りが利く
  • 体幹が強くなる
  • 心が安定する
  • 素早く動ける
  • 人混みで他人とぶつからない

    など、強くてたおやかな身のこなしが得られます。

礼儀作法や慣習を身に付ける「躾(しつけ)」。
 
日本の躾は、「お作法」として習慣化、肉体を美しくかつ効率良く機能させるために、伝統文化と共にありました。

茶道や書道、日本舞踊、剣舞、能、歌舞伎、相撲、また柔道・剣道・弓道などの「道」の名が付くさまざまな武道などです。

しかし、西洋化と共に和の暮らしは減少の一途を辿っております。

筆で文字を綴るお習字や箸の持ち方など「手を躾ける」ための作法のお稽古は現存しておりますが、残念ながら、生活の中で足の所作を磨く機会を失くしています。

アシタスタイルでは、足の所作を磨くための新しい作法として、靴の着付け®を提案します。