人生後半戦に考えるのは「どう生きるか?」ではなく「どう死ぬか?」

雅恵先生。アシタスタイルを、外反母趾の母に伝えたいんだけど、
「私はいいから」と、聞いてくれないんです。

井手口です。

冒頭のセリフは、よく聞くお話。

 

ここにきて、アシタスタイルの講座が、
だんだんと家族ぐるみの講座へと変わって参りました。

 

始まりは、
50才の娘さんが知り
78才のお母様を連れてこられ
15才のお嬢様がついてくる。

 

35才の息子さんが来られ
70才の父と母を連れてくる。
34才の妻と、66才の義母を連れてくる。

 

30才の妻が、32才の夫を連れてくる。
64才の父を連れてくる。

 

私がアシタスタイルを創った目的は、
地球レベル、宇宙レベルの、
とてつもなくデカい規模の話なんですけど、

この、人として生きていく上で
絶対に欠かせないアシタスタイルの情報を知れば、

まずは、最も身近な大切な人にシェアしたいっていう行動も、
日本人としてのテーマであると感じますし

 

ただ凄いんじゃなく、それは自分でもできることで
諦めていたことが全部叶えられる方法で

たまたま知らなかっただけ。

言われてみれば「確かに!!!」

言われてみれば「そんな風に考えたことなかった!!」

 

自分自身の物事の見方を、完全に超えてくる「知覚外のこと」。

パラダイムシフト。

 

アシタスタイルは「正論」ですし、

得体のしれないモノの話って、良く知らない他人に言うと、
「変な人」呼ばわりされたりしますしね(笑)

 

そんな風な感じだったものが、

家族へのシェアになってきたということは

アシタスタイルのメソッドが

実(じつ)の伴った真実のノウハウであることの証だと、

じわじわと感じております。

 

親御さんとの関わり合いで、日本人全般に言えること。

親は、

自分が自分で元気でいられる方法を身につけておかないと

歩けなくなったり
認知症になったら

本人のつらさは当たり前。

自由自在に歩けて、
好きなように暮らしていた自分ではなくなるのだから。

いちいち他人へ頭を下げて行動をしなくては、
行動できなくなるのです。

認知症に至っては、認知できなくなるのですから
記憶が無くなるだけではなく
行動の目的も、意図も、それに対する手段も
すべてが分からなくなる。

自分が自分で無くなっていく病。

生きることは、老いること。

身体の機能が、低下していくことです。

必ず「老い」が、前提です。

産まれてきたら、もれなく全員プレゼントされるものが「死」です。

 

だからね、「私は大丈夫」などありえないわけです。

 

手を付けずに、

準備もしていなかったら、

結局は、

我が子へ、周囲の人へ、負担がかかるんですよ。

後回しにしたツケが、回ってくる。

 

誰しもが、

きっと

どこかで

「私は大丈夫」という

根拠のない自信

すべての行動に対して、足止めしている、日本の現状。

 

多くの人は、

なぜか、

私は大丈夫と思っている。

 

 

事故

病気

天災

戦争

老化

そして、、です。

 

みんな、どこかで
自分は死なないと思っているからね~・・・

 

若い頃なら、

人生をどう切り開くか?

どう生きるか?

という考えで良いですけれど、

 

人生後半戦になってきたら

 

どう生きるか?ではなく
どう死ぬか?

本気で考えなくてはならないのだけど、

当事者意識を芽生えさせる

が、実に、難しいです。

 

選択も、行動も

その人自身が、決めることだからね。

 

人は、他人の言うことなんて
聞かないから

アシタスタイルへ出会ってくださったあなた自身が

「雅恵先生。アシタスタイルを、外反母趾の母に伝えたいんだけど、
「私はいいから」と、聞いてくれないんです。」

言って聞かせるんじゃなくて

自分が行動で示していくことが、

お母様やお父様、娘や息子の

行動変容に繋がると思います。

 

どういうことかって、

自分自身が健康で

老いの不安がない毎日をすごすこと。

いつも明るくって、楽しそうに、人生を謳歌していること。

明日死んでも悔いがない生き方をしていること。なわけ。

今日もまた、30才の妻が、32才の夫を連れてくる。

夫に、講座の受講理由を訊ねると

「あんなに体調が悪かった妻が、毎日笑顔で暮らしているんです。
アシタスタイルで、何が起きたのか、知りたくなりました。

妻が幸せそうで、僕も嬉しいですから。

僕が、アシタスタイルを知ることで、
僕自身が行動し、子どもたちに示したいからです。

成長していく子どもたちの足を、自分が守りたいから。

それを、妻と、共有して、子どもたちに伝えていきたいから。」

涙が出ました。

感動で、少しの間、言葉が出ませんでした。

来る日も、来る日も、
そうやって、お客様が、私に感動を与えてくださります。

皆さんの笑顔に触れるたびに、思う。

未来は、きっと、明るい。

私がいなくなっても、
彼らが引き継いでくれるのだ、と、思える。

 

私、もうすぐ誕生日を迎えるんですが、
こんなに年齢を重ねることが楽しみになるなんて嘘みたいなの!

20代30代の自分に教えてあげたいもんね(笑)

みなさん。いつも、読んでくださりありがとう♪