悩みの原因、足にあり。

「開張足」と「靴合わせ」

 

「むくみが取れない」
「足が冷える」
「足の裏が痛い」
「少し歩いただけで疲れる」
「下半身が、太い」

 

それらの悩みは、

開張足(かいちょうそく)
=足の裏の筋肉が弱っている状態

が原因です。

 

開張足は
大きめを選び、ゆるく履く
間違った「靴合わせ」が原因です。

 

 

日本人は物心ついた時から

「日本人の足は幅広」という
間違った認識のままで

「靴なんてこんなものだ」
「これが当たり前」という
間違った感覚のままで

 

足と靴の正しい知識と経験を持たず
根拠なく、靴を選び、履いています。

 

 

アシタスタイルでは、
「靴の着付け」を提唱し

快適な足元で暮らすための
正しい靴との向き合い方をお伝えします。

 

 

靴は、

「衣・食・住」の中でも、
カラダの基礎を守る最も重要な「衣服」です。

衣服は、
単なるファッションアイテムではなく、
人のカラダを守る役目があります。

 

 

さらに、靴は、
歩くためだけの物ではなく、
「足の矯正をする」役割と
「カラダを支える」役割とを担っています。

 

日本人の多くが、

「開張足」トラブルを知らずに
「日本人は幅広足」という誤った思い込みによって
幅が広い靴ばかりを選択しています。

 
また

「カラダを守り、支える」
「足を矯正」する靴の役割を知らずに
なんとなくで靴を履いているために

靴あたりや靴ずれなどの症状が出てきてしまいます。

 

 

まずは、
正しい「靴合わせ」を知ることが、
靴ずれ解決の、第一歩!

 

外反母趾やウオノメなど、
痛みを伴う足のトラブルによって
ようやく
靴の問題に気づく方が多いかと思いますが、

 

実は、

腰痛や膝痛、肥満や高血圧など、
身体の不調の多くは
「足の異常」が起因しているのです。

 

合わない靴による「生活習慣病」と言っても
決して過言ではありません。

 

 

誤認を修正することが
ご自身の健康のためであり
家族の健康のため、

そして、未来の幸せの入り口です。

 

一生元気でいたい!と望むなら、
まずは靴の常識を変えること。

 

 カラダの正解 = キモチイイ♡
 
 
カラダは正解を知っていますから
 
本当の「ジャストフィット」を
体験すれば、その意味が、わかります。
 

 

 

 

日本の腰痛人口 2,700万人。
日本の膝痛人口 3,000万人。


「何をやっても良くならない。」
「決定的な解決策が見つからない。」

おかしいと思いませんか?

 

その悩み、加齢のせいではありません。

その不調、あなたのせいではありません。

 

地球の重力のせいです。

 

 

足を躾け、靴を着付け、地に足を着け、地球を歩く。
日本式トータルフットケア
ASHITASTYLE®

 

 

気が付いた人は、もう、始めています。

次はあなたの番です!

「あれ?もしかしたら…」と思ったら
◆アシタスタイル®入門編・靴選びセミナー → こちら

すでに足に原因があることに気が付いていたら
◆アシタスタイル®理論編・足づくり初級講座へ → こちら