正しい靴の選び方、知っていますか??③靴のかかと

あなたは靴の選び方に疑問を持ったことはありますか?

靴をデザインで選ぶ場合は多いと思います。

気に入ったデザインを履いてみて「入ればOK!」

ほんとうに、それだけで、いいですか?

短時間なら良いかもしれないけれど、長時間は足がツラいですよね。

靴が痛くて、脱ぎ捨てたくなるほどの苦痛は、誰しも一度は経験します。

「あまりにも靴がキツくて、出かけた先でビーチサンダルを買って履き替えてきたの。腹が立つから、あの痛い靴、捨てちゃった」

なんて、お話を伺うことも、しばしば。

 

「もっとピッタリな靴を選べたらいいな」

きっと、あなたもそんな風に思っているはずなんです。

正しい靴のサイズ選びをしなければ、大切なお金と、大切な時間が、結局は無駄使いになってしまいます。

せっかく気に入って購入しても、履き心地が悪ければ、結局履かず終いな靴に。

無理やり履いても、靴ずれしますし、合わない靴で身体の調子が悪くなるなど、身体に負担をかけしまう可能性も大いにあります。

 

◆試着は最低限の条件

特に、最近は、ネットショップが充実していて、通販で靴を購入する方も増えているかと思いますが、大切な身体を支えるのが足の役割で、足を守るのが靴の役割です。

基本的に、「靴は試着してから購入」してください。

まずは、店頭で靴を購入する際のポイントをお伝えします。

1.かかと
まずチェックすべき箇所はかかとです。

かかとは「足の土台」となる部分なので、じつは、とっても大切。

「足の土台」とは、つまり「からだの土台」であるということです。

脱ぎ履きしやすいからという理由で、かかとがパカパカと脱げてしまうような靴を履いている人が多いですが、これでは、バランスが不安定になってしまいますので、極力避けましょう。

かかとは自分にちゃんと合っている靴を選びましょう。

また、かかと部分は柔らかすぎてもダメで、適度に固いものがベスト。

ちなみに、かかとが自分にちゃんと合っているか簡単に知る方法は、「靴を履いて、歩いてみて、靴のかかとがくっついてくるかどうか」です。

足を上げた時に、靴のかかとがちゃんとフィットして、くっついてくれ
ば大丈夫。

逆に、痛みがあったり、かかとが靴から離れてしまう場合はサイズが合っていないということになります。

靴のかかとを合わせることが重要ですが、靴ずれが怖くて、かかとをゆるくして靴を選んでいる方も多いです。

かかとが重要。でも、やっぱり、靴ずれは痛いですよね。

靴を履く限り、永遠に避けられない、靴ずれ問題。

実は、解決できるんです。

痛い靴ずれをなくすためには「どうして靴ずれをするのか?」原因を知るのが近道です。

痛くなく「かかと」が支えられる感動を体験してみませんか?

ようこそ!アシタスタイルへ>>