日本式フットケア「靴の着付け」

靴を脱ぐ国の新習慣

 
アシタスタイル®メソッドは  靴の着付け。

 

カラダへ着物を着付けるように、

足へ靴を着付け

 

靴を用いて、

裸足以上に心地よい足元を作り

 

本来あるべき理想的な

足の形・身体の形へと誘導する技術です。

(「靴の着付け」商標登録出願中)

 

 
屋内で、靴を脱ぐ日本では、
 
・屋外で靴を履いて過ごす場面
・屋内で靴を脱いで裸足で過ごす場面
が共存します。
 
靴文化は、靴を履いたまま生活する異国の習慣ですから、その文化のままでは、日本にフィットしません。
 
 
新しい文化は、
その時代に合わせて
変革させて
改訂し
築き直す必要があります。
 
 

アシタスタイルは、裸足の国・日本へ「靴の着付け」という新習慣を築きます。

 

 

靴は、
つい150年前まで、日本の暮らしに存在しない道具でした。

 

畳文化、

着物文化、

家屋で靴を脱ぐ習慣の裸足の国には、

脱ぎ履きしやすい履物文化が育まれてきました。

和の習慣が

和の所作が

日本人の身体を守ってきました。

 

 

西洋生まれの靴を、

同じ履物として用いるには

あまりにも性質が異なります。

 

また、

欧米人の体格に合ったフットケア、

欧米で培われた靴文化を、

そのまま日本人に合わせても

無理があるというものです。

 

 

欧米人と比較し

筋肉量も少なく

骨量も少なく

皮膚が薄く

しなやかで

繊細な日本人の肉体は

和文化が支えてきました。

 

和文化の中での

着物の役割は、

重力で広がる肋骨や骨盤を

面で支え、紐や帯で止め

カラダを守り

快適に機能させる道具でした。

 

 

しかしながら、今や

√ 畳で暮らさなくなりました
√ 正座をしなくなりました
√ しゃがまなくなりました
√ 着物を着なくなりました

日本人でなくなった日本人のカラダを支える方法が「靴の着付け」です。

 

◆一般的な既存フットケアと、アシタスタイル®との違い

お客様からは「他とは何が違うの??」
といったご質問が多く寄せられます。

文面だけでのご説明は、非常に難しいため
他と比較したお客様の声を、一部ご紹介します。

 

◆子どもの時から外反母趾の足。この足とは60年くらいのお付き合いで、いろんなことをさんざんやって、靴もたくさん買いましたが、どれもダメ。他人に触れられたくないくらい、足がぐちゃぐちゃになってる感じがして、歩くことも億劫になってきていました。同じく外反母趾の娘が「お母さん!見つけたよ!」と教えてくれて、ようやく救われました。下駄箱の靴、ぜんぶ処分します。K.K様

◆井手口さんに靴ひもを締めてもらったら、足がしゅっとする!足がきもちいい。足が軽くて、靴の重みをまったく感じない。自分が履いてきた靴なのに、違う靴みたい。靴じゃなく、足になってるみたいで驚きの新感覚でした。A.K様

◆膝の痛みにサプリメントの類は一切効かず、整形外科に行っても湿布を出され電気を当てて温めるだけ。腹を決めリハビリに通うも消えるどころか増すばかりの痛み。いよいよ手術か?というとき、「切る前に一度」と娘に推されて伺ったアシタスタイル。そうか、今までは全部が対処療法。アシタスタイルさんは根本改善なのだ。私が私の状態を知り私が解決する。なるほど。親が元気でいることが娘孝行ですね。Y.S様

◆自分なりに開張足を改善しようと、足ゆびトレーニングやグッズ、アーチサポートの靴下、ダイエットスリッパなど、試してきました。やっぱり面倒くさくて続きませんでした。特にテーピングは、皮膚かぶれがひどくて断念…井手口さんも私と同じだったと知り、井手口さんが生み出した方法に納得しましたし、圧倒的効果でした。何より、ズボラな私でも続けられるのが嬉しい。M.A様

◆整形外科で薦められた靴だと、大きくて重くてすごく不格好で、服を合わせるのに苦労していました。体調もさほど改善しなく、下駄箱にほこりをかぶっています。確か10万円くらいのお値段でした。アシタスタイルの靴は、スマートでカッコよくて、整形外科で作った靴と比べると重量は同じくらいなのに、履いた時の足の軽さが堪らなく良いです。脱ぎたくないくらい気持ちいい。H.Y様

◆スポーツ店で薦められたインソールを使っていて、悪くはないけれど、なんとなくイマイチ。アシタスタイルの講座で足の構造の話を聞いて、骨格誘導3Dインソールを試してみて「あぁ!そうか!固定していたから足が動けなかったんだ!」と納得、爽快でした!あースッキリ~。E.K様

◆タコと魚の目と巻爪矯正、かかとの角質除去、きれいになるから気に入っていて、ずっとドイツ式フットケアサロンに通っていましたが、ある時、家族の体調不良で通えなくなって、足がひどくなっていきました。ふと「あれ?他の人って、どうしているんだろう?」と思い始めて、ネット見ていたら、アシタスタイルさんを見つけて「これだ!」と思い、講座に参加したのがきっかけでした。井手口(アシタスタイル代表)さんが以前にフスフレーゲを提供していたけれどサービスの提供を止めてアシタスタイルを作った話を聞き「この人本物だ!」「私の目に狂いはなかった!」と嬉しくなりました。今は、タコも魚の目も巻爪もなくなって、かかともツルスベ。時間もお金も使わずに、自分で歩いて、足がキレイなままだなんて、あの時、家族が体調壊したのも、理由があったのねーと、思います。O.A様

◆いろんな靴屋さんに行き、あらゆる靴を試しました。イタリアの名だたるハイブランド、日本中、世界中、また、ご自身で靴づくりをされているところへも足を運びました。足を計測してフルオーダーで作った靴もたくさん持っています。それでも納得する靴に出会えないのはなぜなのか?私なりに情報を収集していましたが、アシタスタイルさんの講座で、ようやく着地点が見えました。井手口(アシタスタイル代表)さんのお話は、とても分かりやすく、面白く「これって私のこと?」と笑え、講座では、何度も何度も、深く頷きました。あれから私は長年の靴ジプシーに終わりを告げました。私が長い時間続けてきた放浪の旅の終わりには、たくさんのおまけがついてきました。一つ目は、他人に任せることなく自分で靴選びができるようになったこと。二つ目は、今では○ブタンのハイヒールが楽チンに履きこなせる足に変わったこと。三つ目は、ハイヒールを履いた私の脚を、周りの人が「美脚」と褒めてくれるようになったことです♡M.Y様

◆着付けが上手な着付け師さんに着物を着せてもらったら、ちゃんとご飯も食べられるし、苦しくないし、むしろ着物の方が心地よいですが、下手な人は、紐を何本も使ってぎゅーぎゅー縛る。何が違うんだろう?と思っていましたが、アシタスタイルで、足でそれを体験したら、合点がいきました。「靴の着付け」。「足は小さなカラダ」。しっくりきました。体全体を捉えないと。道具はいつも変わっていきますもんね。体ありきです。A.M様

◆アシタスタイルの足づくりは、歯列矯正に似ていますね。足の骨の配列を揃える。「そこ」へ収まると、しっくりきて、何とも言い表しがたい悦に入る感じが堪らない。K.T様

 

√ シューフィッティングに納得いかない
√ 足の幅が細いけれど細幅靴だと痛くて履けない
√ 開張足だがEEEの靴ばかりで困っている
√ 手術しかないと医師に告げられた
√ 一生治らないと診断された

など

既存の手段に納得がいかず
なかなか疑問が晴れず
モヤモヤしている方、

診断されたが決定的な解決法が見いだせない方、

ぜひ疑問を晴らしに
アシタスタイル®へお越しください。

 

その悩み、老化のせいではありません。

足の退化です。

理屈が解かれば、老いを憂うことはありません。

諦めなくても大丈夫。解決できます。

 

身体を鍛えのと同じように、足そのものも鍛えましょう。

 

気が付いた人は、すでに始めています。

次はあなたの番です!

「あれ?もしかしたら…」と思ったら
◆アシタスタイル®入門編セミナー → こちら

すでに足に原因があることに気が付いていたら
◆アシタスタイル®理論編・足づくり初級講座へ → こちら