「ながら」の日常で健康になろう!

元気でいたいなら、丈夫な足腰が必要です

アシタスタイル®は
面倒くさいズボラさんでも
元気で丈夫な身体になれる
美容・健康法。

 

新提案 1.
アシタスタイル®では
特別な運動を行いません。

ストイックにやらなくても
ガマンや無理をしなくても
一生懸命に努力しなくても

普段の生活をトレーニングに変える方法。

 

新提案 2.
アシタスタイル®の健康法は、
どなたも
ストレスなく
気持ちよく
自発的に
続けたくなる
方法です。

 

 

新提案 3.
アシタスタイル®は、
予防医療的フットケアで
介護される前提の老いに
待った!」をかけます。

 

 

 

歩くことは、

√ 代謝アップ

√ 筋力アップ

√ 免疫力アップ

√ 血流促進

√ 体温上昇

√ ストレス解消

√ リラックス効果

√ ダイエット効果

√ 中性脂肪の減少

√ 血圧の改善

√ 心肺機能の向上

√ 生活習慣病の予防、改善

√ 骨粗しょう症の予防、改善

√ うつ病の予防、改善

√ 認知症の予防、改善

など、
良いことづくめ!

 

そうなんですよ。
みーーんな、わかっているんですよね。

たくさん、歩けばいいってこと。

 

誰もが、
健康でありたいと願っていて
「できることなら歩きたい」と

本心では、
歩くことを望んでいます。

 

 

望んでいるのに
なぜやらないのでしょう?

 

 

わかっているのに
なぜ歩かないのでしょう?

 

 

それは

 

面倒くさいから。

 

歩けばいいのに歩かない理由は
実に、明白で、

私たちは

怠ける動物だから。

 

だって
「歩くと疲れるし」
「動き回るたびに疲れ果ててヘトヘト…」
「膝が痛むから」
「足が重くて、だるくて」
「たくさん歩くと腰が痛くなるから」
「身体が言うことを聞かないんだもの」

・・・ですよね?

 

だったらその問題

歩きたくなれば、解決しますよね?

 

 

歩いて疲れなければ、
たくさん歩きますよね?

 

 

歩いても痛みが出なければ、
歩きますよね?

 

 

足が軽ければ、
たくさん
歩けますよね

 

 

ダルくならなければ、
歩けますよね?

 

 

はい!

アシタスタイルには

痛みなく

ストレスなく

気持ちよく

自発的に

楽しく

歩きたくなる

方法があります!

 

ちょっと、想像してみてください。

 

野生動物は、
「歩くと疲れるし」
「動き回るたびに疲れ果ててヘトヘト…」
「膝が痛むから」
「足が重くて、だるくて」
「たくさん歩くと腰が痛くなるから」
「身体が言うことを聞かないんだもの」

 

そんなふうに、

暮らしているでしょうか?

 

私たちは、
人間である前に

「二足歩行ができる動物」です。

 

 

元気な人って、活動的ですよね。

いつも動き回っています。

 

 

元気な人は
元気だから動き回れている
のではなく

動き回れているから元気
なのです。

 

 

わざわざ特別な運動をしなくても、
動物としての基本動作を行えば

時間もお金も、浪費することなく、
手間もかからず効率的です。

それが、
ヒトの
正常二足歩行です。

・野生動物が、ジムに通いますか?
・野生動物が、ガードルを着けますか?
・野生動物が、サプリメントを摂りますか?

 

私たちの肉体は、
動き続けることで
「元気」「丈夫」を維持します。

 

正常な足が、正常な身体を運びます。

そのために、足を整えるのです。

 

 

「健康のため」に歩いても
崩れたままの足で、
靴の知識がないままでは、

健康になるどころか、
かえって逆効果です。

 

つまり、

足と靴と歩行の正常は、
康の必須条件。

 

 

 

人生100年時代、到来。

私たちが長生きすることは、
もう、決まっています。

 

だったら、もれなく訪れる老いに対し
予め準備をしておきましょう。

 

10年後、20年後、
いざ老いたその時に、
慌てなくても済むように

今、動ける身体にしておいて
これから先をずっと、
動き続けられる身体にしましょう。

 

寿命は、
ベッドで寝たきりではなく、
健康寿命の方がイイに決まっていますよね!

 

人生の終末その日まで
自分の足で歩き
ピンピンコロリを目指しましょう。

 

靴を「ちゃんと」履くだけで
カラダが勝手に歩きたくなるフシギ!

ぜひ、ご自身で、体験してください。

 

 

アシタスタイルの入り口は講座です。

気が付いた人は、すでに始めています。

次はあなたの番です!

「あれ?もしかしたら…」と思ったら
◆アシタスタイル®入門編セミナー → こちら

すでに足に原因があることに気が付いていたら
◆アシタスタイル®理論編・足づくり初級講座へ → こちら