日常生活を運動に変えよう!

私たちの肉体は動き続け、使い続けることで元気を、丈夫を、維持します。

できることなら歩きたい。
本心は、誰もが健康でありたいと願っています。

そう、わかっているんです。
本心では、歩くことを望んでいるのに。
だって、身体が言うことを聞かないんだもの。
歩くと疲れるんだもの。
動き回るたびに疲れ果ててヘトヘト・・・

そんな悲しい現実が、あなたを阻む。

そもそも、

疲れの原因って、何だと思いますか?
痛みの原因って、何だと思いますか?

答えは 実に 明白です。

身体の一番下にある足の骨格配列が崩れ、身体を支えられない足になってしまっているからです。

アシタスタイルは、正常骨格誘導型総合フットケアで、足元から身体を正常に戻します。

足元は、二足歩行の礎。
足は毎日使うものです。
生活の中に取り入れなければ結果は出ません。

・足そのもののケア
・足が毎日触れる靴
・足と靴を使って行う動作、歩行

「健康のため」に行う歩行も、崩れたままの足で靴の知識がないままに行えば、健康になるどころか、かえって逆効果。

つまり、正常に歩けることが健康の条件です。

アシタスタイル創始者・井手口が、個人事業として、サロンをオープンしたばかりのころは、お客様をおひとりずつ個別でカウンセリングし足を診ておりました。

変化を実感されたお客様が「あの人へも教えなきゃ!」とご家族やご友人、大切な方へご紹介をくださり、噂を聞きつけた方が、次々にサロンの門を叩いてくださり、行列ができ、とても一人では対応しきれなくなりました。

皆様のお悩みを伺いながら、井手口が感じていたこと。

・足のことを知らない人が非常に多い。
・足幅が広くて靴が合わないと思い込んでいる。
・靴の知識がないままに選び、無理やりに足に合わせている。

かつての井手口がそうであったように
ご相談にいらっしゃる方ももれなく、そうでした。

思い込みによる常識は非常識。

常識としてまかり通っている間違いを正しながら、アシタスタイル®の考えが、より多くの方へ広まるよう、体調不良の苦しみを手放し、笑顔を取り戻せるように理論をまとめ、講座を開催することにしました。

「足づくり初級講座」は、足元から不調が生じていることに気が付かないままに靴を履いている日本人の全員に共通するスタートラインです。

正常二足歩行は、日常生活で行える立派な全身運動です。

 

野生動物が、ジムに通いますか?
野生動物が、ガードルを着けますか?
野生動物が、サプリメントを摂りますか?

元気な人は、元気だから動き回れているのではなく、動き回り続けることで元気を保っています。

ピンピンコロリを目指したいなら、今、始めること。
人生の終末その日の寸前まで、自分の足で歩くこと。

私たちは、人間である前に「二足歩行ができる動物」です。

わざわざ特別な運動や体操をしなくても、動物としての基本動作を行えば、時間もお金も無駄に消費することなく、むしろ、手間もかからず効率的だと思いませんか?