痛みが増した整形外科のインソールの謎が解けた

お客様の喜びの声

井手口先生。

実は私ね、
インソールを以前に作った事があります。

 

扁平足で、
毎日疲れ果ててヘトヘトだったので
何とかしたくて

数年前
テレビで紹介されていた整形外科へ
行ったことがあるんです。

 

その整形外科の先生は、
本も出版されていて
足の名医という噂でした。

その病院にも
困っている患者さんが押し寄せ
行列が出来ていました。

 

 

長いこと待って
ようやく予約が取れて、

そちらでインソールを作ってもらったのですが、

使い始めたら

調子が良くなるどころか
ますます足の調子が悪くなって…

 

 
足の裏は痛くなるし

膝の痛みまで出てきて

扁平足は治るどころが酷くなっている感じ。

歩けば歩くほど、
どんどん身体がダルくなるんです。

 

私は直感的に

「これを使っていたら身体が壊れる!」

と判断して使うのを止めました。

 

 
今日、井手口先生のお話を聞いて

 

あの時、
あの整形外科で作った、
あのインソールが

私の身体に何をしたのか?
私の足に何が起こっていたか?

足の裏が痛くなった理由も、
膝がますます痛くなった理由も、
歩いてダルくなっていた理由も、

全部がわかりました。

 

自分の身体でハッキリ理解しました。

 

土踏まずって

その名のとおり「土踏まず」であって

土踏まずの部分に
当たるものがあってはならないんですよね。

 

インソールが当たっていては
足底の腱を痛めてしまう。

 

だから

土踏まずを持ち上げるんじゃない。

土踏まずの隙間を埋めるんじゃない。

足の裏をインソールで持ち上げるんじゃない。

 

自分の身体で

土踏まずを作らなきゃならない

って、ことなんですよね?

 

 
あの日からいろいろ調べ
いろいろ試して

でも、ずっと理由がわからなくて
ずっとモヤモヤしていたのですが

やっと、スッキリしました。

 

今日、井手口先生の講座に来られてほんとうに良かったです。

 

あの時、あのインソールの使用を止めた私の選択は間違っていなかった。

 

私の土踏まずは
私が、自分で、作ります。

 

インソールが私のアーチを作ってくれるんじゃないってことですよね?

あのとき、

あの整形外科の先生から

「あなたの扁平足は一生治らない。だから、このインソールをずっと使ってください」って言われて、

すごくショックで落ち込みました。

それで、「え?一生使い続けるの??」と、ビックリもしました。

 

 

だけど、

井手口先生の話を聞いて、私の扁平足は、私が、自分で治せるってわかりました。

 

足の裏が痛くて
いつもだるくて、
いうことを聞いてくれない自分の足が、もう切って捨ててしまいたいくらいに嫌でした。

 

だけど、私の足はこんなに頑張っていて、頑張らせていたのは私なのに、捨ててしまいたいなんて、なんてひどいことをしていたんだろうって。

足が愛しく感じます。

歩きたいのに歩けなかった私が、今、すぐに歩きたくなっているのが不思議で堪らないです!

 

これから、足づくりします。

 

自分の足で、自分の人生を歩きます。

 

 

先生、どうかそれまでは、アシタスタイルを続けてくださいね。

私の扁平足が改善するまで、どうか末永くご指導くださいね。

 

宜しくお願いいたします。

 

———————————

 

井手口です。

  
コチラのお客様Yさまは、
足づくり初級講座へお越しになりました。

 

講座中、それはそれは熱心に、
私の言葉、ひとつひとつに頷きながら、
私の話に耳を傾けてくださいました。

 

 
講座が終了し、
Y様の骨格誘導型3Dインソールを作成するためのフットチェックを行っていたときに、私へ告げられたお話です。

 

いかに整形外科であっても
誤った知識で、身体を取り扱うことはあってはならないと思います。

 

足だけを見て、身体全体を見ないこともあってはならない。

 

そこで作られたインソールも然り
インソールを装着していたEEEの靴も然り

足の骨格を正常に保つには
余りにもアバウトで、緩すぎました。

私たちの足は、身体は、血が通っている生体です。

 

足は、動かして使います。

 

歩くたびに形が変わる足を、一定の決まった型・インソールや靴に、収めることは決してできません。

 

既存のインソール、
既存の靴、
既存の治療法、

続けても結果が出ない手段は、本末転倒です。

継続に意味を見出せません。

 

痛みが増した整形外科のインソールの謎が解けたY様は、十分に納得され、次のステップアップ講座へお申し込みをされました。

 

靴を履いただけでは、足は変わりません。

インソールを使っただけでは、足は変わりません。

靴や、インソールが、足を良くしてくれるのではありません。

 

靴も、インソールも、所詮は道具です。

 

世間にあふれるすべての道具は、「一長一短」で

「これさえあればOK」な
パーフェクトな道具など、存在しません。

 

アシタスタイルには、Y様のように「もう一生治らない」と整形外科で医師に告げられた方がお越しになります。

その宣告は、私自身が、過去に体験したものでもあります。

 

一生治らない。。。

一生治らない。。。

一生治らない。。。

 

それは、呪いのように、私を絶望感で満たし、痛みに苛まれていた。

 

私と同じように、
医師の言葉によって、
絶望の淵に立たされた方が、

一日も早く、一人でも多く、

そこから戻って来れるよう、

悲しみの中ではなく
喜びや楽しみの中で

命の時間を使えるように、と、今日も、願ってやみません。