【ご報告】今後の活動について。次なるフェーズへ。

井手口です。ご報告です。

アシタスタイル®アカデミー

再始動します。

 

先ほど、アカデミーのページができました。

出来たてホヤホヤのページは、こちらです!

 

本格始動に向けては、まだ準備中ではありますが、今後のアカデミーについて、大まかな方向性を、まずはお知らせいたします。

 

アシタスタイル®アカデミーの目的は、新しい道づくり。

 

 

アシタスタイル®アカデミーは、

世界に存在していない学校。

 

「足の躾け」を学ぶスクールです。

 

 

学校ですが、学んで、教わって、はい!終了。ではなく、

学んだことを活かしながら、ずっと行い続けて、習慣に変え、次世代、次々世代へ、繋げて、自身の肉体が消滅しても、その仕組みを遺すこと、です。

 

親御さんが行っていることを、暮らしの中で、お子さんが見習い、孫へ、ひ孫へ、語り継いでいく形です。

 

 

長期計画なので、講座のボリュームを、ぐんと、下げます。

 

 

小さな課題を、少しずつ、クリアしていけるよう、カリキュラムを、組み変えます。

 

 

どなたにも、無理なく、マイペースで学べるよう、書道教室へお稽古に通うイメージで、段階を追って、進めます。

 

 

講座の中で皆さんへ、ときどきお話しているイメージを、共有してくださればと思います。

 

 

 

お母さんが、フットプリントを採れるようになって、お子さんの足の成長を、確認できるといいですよね。

私たちが子どもの頃、背が伸びるたびに、親が、家の柱へ傷を付けて、成長の印しを残してくれたようにね。

 

 

こんな感じです。

 

 

現在、アシタスタイルで足づくりに取り組まれている皆さんが、お伝えしてくださること。

「私が私の人生を自分で変えた方法を身近な人にシェアしたいけれど、なかなか伝えるのが難しくて…」

「私になにかできることがないのかな?」

そうやって、アシタスタイルをワイフワークにしてくださっている皆様。

大変に長らくお待たせをいたしました。

 

いよいよ、時が、きました!

 

 

 

アカデミー再始動にあたり、きっと、

「どんなことをするんだろう?」

「私にも、できるのかな?」と、

ワクワク、ドキドキ、興味をもってくださる方がたくさんいらっしゃると思います。

 

 

そんなあなたへ、私が行っている毎日のワクワク、ドキドキ、そしてニヤニヤを(笑)皆さんへシェアしたいです。

 

 

飽きっぽくて、ズボラで、怠け者の私でも、続けて来られた楽しい面白くて堪らないワンダーランドへ、足を踏み入れてくださればと思います。

 

 

実際に、アカデミーの中で行うレッスンを体験できる機会なども、近々企画しようと考えておりますので、楽しみにお待ちくださいね。

 

詳細は、まとまり次第、追って、加えてまいります。

 

アシタスタイルのホームページも、ちょこちょこと手入れをして、模様替えしているので、ときどき覗きに来てくだされば嬉しいです^^

 

 

**************************

 

 

では、ここに至るまでのストーリーを。

 

 

人材育成の必要性は、2014年に、アシタスタイルを創業し、「お手当」⇒「講座」へシフトしてからというもの、ずっと課題でした。 

 

アカデミーベーシックコースは、2016年に「ゼロ期」を始め、形を変えながら、現在は第4期まで開催、すでに15名の方が学んでくださっています。

 

 

 けれど

 進めれば、進めるほど

「何かが違う…」が、

 自分の奥に、少しずつ、膨らんでいきました。

 

 

 

11/14に、出張先の千歳で、50歳の誕生日を迎えました。

千歳で懇意にしてくださる方からの、サプライズプレゼント!
ありがとうございます♡

シンプルに、祝福を受けることが嬉しかったですし、50歳になれたことを、心から嬉しく思えました。

 

 

 

10代、20代の私は、老いをとても恐れていました。

 

 

充分すぎるほど若いのに、若さを活かせず、何をやってもうまく行かず、いつもネガティブで、そんな今が楽しくないのに、すでに生きるのがツラいのに、未来に希望など見出せるはずもなく、毎日、将来を憂いました。

 

 

けれど、今では、歳を重ねていくほどに、豊かさに満ちていくことを知り、年齢を重ねることは、いつ頃からか、楽しみへと変化しました。

 

「元気でいられれば、50年後の世界を見られる。」

 

老いを恐れていたあの頃の私には、信じられない、夢のような話です。

 

 

 

若い私がネガティブだったのは、私の足元が、ぐちゃぐちゃだったから。

 

人生の「足場」そのものが、崩れていたからです。

 

12歳から外反母趾で、いつも足が痛く、

腰痛で、頭痛で、肩こりで、便秘で、

冷えていて、浮腫んでいて、

生理の度にさらに体調が悪く、

体調が良い日など、たったの一日もなく、常に不機嫌でした。

 

体調の悪さは増幅する一方でした。

 

合う靴がなく、歩く=苦痛、でした。

 

だから、

私の足は、地に着いては、いませんでした。

 

 

 

経験を通し、カラダを通し、アシタスタイルを創って、体調が改善してみて、改めてわかったこと。

 

「人生をうまく進めるためには、足元を整えればいいのだ。」

 

 

整った足で、たくさん歩いて、カラダを整えればいい。

 

 

健康なカラダで思考すれば、健全なメンタルで過ごせる。

 

 

「老いへの恐れ」を排除できればいい。

 

 

幾つになっても、未来に希望が持てればいい。

 

 

どんなに年齢を重ねても、抵抗せず、受け入れ、年齢をどう、活かすか?

アンチエイジング、ではなく、エイジレス。

 

 

 

 

年齢を重ねることが、確実に喜びへと変わった今、
私のやりたいこと、
そして、
今後、力を注ぎたいことが、明確になりました。

 

 

 

 

人類が地球で行う目的は、ただ一つ。

 

美しい地球を、本来の美しい姿のまま、次の世代へ繋ぐこと。

 

 

 

自分の意思で、行動の選択が行え、意識的に活動ができ、ゼロからイチを産み出せる動物は、人間だけ。

 

ですが

 

 

地に足が着かず、

フワフワしていると、

気も漫ろとなり、

宙に浮き、

スピリチュアルへと傾倒します。

 

地固めをしていないと、

ズブズブと足を捕られ、

前に進めず、

肉欲のままに、

どこまでも怠惰な人生へと

転落していきます。

 

 

人は、「そのまんま」では、めちゃくちゃ弱いです。

 

二足歩行を身に付け、脳を発達させ、天敵を無くす方法を、手に入れた。

 

 

カラダは、怠ける天才ですし、

さらに輪をかけてのおバカさんは、脳です。

(賢いと勘違いしている人も多いけれど。)

 

めちゃくちゃ弱くて、めちゃくちゃ強い私たちが

そうならないように、強くあろうと、律する力。

 

ココロと、カラダの、調和。

 

 

 

 

ずっと探していた言葉が、ようやく満ちて

アシタスタイルのコピーが、完成しました。

 

 

 

靴を着付け、足を躾け、地に足を着け、地球を歩く。

日本式トータルフットケア アシタスタイル®

 

 

フワフワと宙に浮いていたのは、他でもない私です。
私自身の足元が、ズブズブでした。

 

そんな私自身が、50年かけて、ようやく、地に足を着けました。

 

私の、人生の足場が、整いました。

 

 アシタスタイルが目指す未来

 

着地点が、ハッキリ、明確に定まりましたので、もう、跳ぶのが怖くないし、

目的地が定まったので、右往左往しなくて済みます。(笑)

 

目的地へ向け、今日から 50歳からの恩返しの人生を始め、地球へ、次世代へ、捧げていこうと思います。

 

 

今後の活動についての、ご報告でした。

いつもご訪問くださり、ブログを楽しみにしてくださり、ありがとうございます!

 

アシタスタイル代表・井手口雅恵