ブスが嫌いです

井手口です。

朗報です。

さきほど、ブスの証拠写真が見つかりました。

 

 

「ファンデーション厚塗りしてニキビ隠してたんだよ」

って話しても

誰も信じてくれないし

 

 

「太ってたんだよ」

って言っても

誰も信じてくれないし

 

コンプレックスの塊だった私を、みんな知らないからさー

悲しかったんだけど…(T^T)

   

  
これならどうだっっ!

 

やっと見つけた。

 

「人生やり直そう」と決めた

上京したて、結婚したての29歳。

ブスの証拠写真。

 

私ね、ブスが、大嫌いなの。

 

だって、自分のブス部分を目の当たりにして、自分が痛いから。

 

 

ブスと言うのは

容姿に限ったことではないのよ。

 

 

性格がブス。

 

思考がブス。

 

所作がブス。

 

言葉遣いがブス。

 

立ち振舞いがブス。

 

 

つまり、

生き方がブスな人のことです。

   

生き方がブスだと、笑わなくなるから、ますますブスに拍車がかかる。
   

 

造形が不細工でも

生き方は、選べるでしょ?

  

美しくいられる要素を

持ちあわせているにも関わらず

 

美しくあろうと努力をしないのが、

生き方ブス。

 

つまり、

自らブスになっていく。

   

私が思う【美人】は

◎潔いほど自然体

◎ダサいを出し尽くしたカッコ良さ

◎自分の弱さを受け入れた丸腰の強さ

 

 

美しさって、

作るものじゃないんだよね。

 

 

美しさって、滲み出るもの。
  

 

表面的な「キレイ」は

お金でいくらでも買えるんだもの。
   

 

足して、足して、着飾って、

盛って、盛って、デコレーション。

嫌いを隠せば、キレイには、なれる。

   

だから、

キレイにブランドのお洋服をまとって、着飾っていても

電車の中で、いきなりメイクを始めたり

腰をずらして、お股開けっ広げで座っていても、美しくない。 

 

 

究極の美しさって

引き算の美しさだとおもう。

 

 

私の思うブスの定義は

【諦めた人】。

近ごろの井手口の喜びは、専ら

周りに、どんどん美人が増えていることです。
   

 

見渡すと生き方美人ばっかりで

嬉しくて堪らない。

 

ニヤニヤしちゃう!

幸せだ♪
  

   

あぁ、証拠写真よ、ありがとう!

   

しかし、ブスだ。

 

おブスが過ぎる。

 

拾ってくれた夫は神だと思います。

 

 

 

自分のためにも

夫のためにも

仲間のためにも

可愛げを失わない女性でありたい!