女性のカラダだけが体験できる「快感」の醍醐味を存分に味わう

井手口です。

先日 facebookへ投稿した記事へ、
お客様がコメントをお寄せくださいましたので
ご紹介いたします。

 

 

A様:今日、アシタスタイルの靴を履かれている方に、
偶然、お会いしたのです!しかも埼玉で、思わず、

「この靴はどこの靴ですか?」って
話しかけてみたら、やっぱり、
アシタスタイルに通われている方でした。

そんな出逢いのあった時に、
靴販売の知らせがあり、震えました。

私も、そろそろ、サロンに伺いますね。

 

 

井手口:Aさん、ご無沙汰しております。

コメントくださり嬉しいです、
ありがとうございます。

私の最初の最初のセミナーに来てくださった、Aさん。
あれは、確か、恵比寿駅近くでしたよね。

もう5年も経つの?まだたったの5年前?

と、さまざまな記憶が一気に甦りました。

ずっと見守っていてくださりありがとうございます。

 

 

N様:雅恵 さん!

「その靴は…アシタスタイルですか?!」と
声を掛けられたのは私です😄

街中で、同じ、アシタスタイルに通われている方に
バッタリしたのは初めてで、とっても嬉しかったー✨

新たな改革、おめでとうございます✨✨

私もまた、雅恵さんに会いに伺います😊💕

 

 

井手口:Nさんだったんですね!

名乗り出てくださって嬉しいです♪
ありがとうございます。

私が信頼するお二人が、

アシタスタイルを通じ、

&Steadyスニーカーが元で、私のいない場で出会った、なんて、なんか、もう胸一杯で、喜びで、言葉になりません。

日々を、&Steadyスニーカーで
過ごしてくださったこと、

アシタスタイルを
体現してくださっていること、

心よりありがとうございます。

Aさん、Nさん
こちらのやり取り、ブログでご紹介させて頂いても宜しいですか?

 

 

A様:もちろんです

N様:もちろんですー!!私たちの感動をぜひ♡

 

*****************************

お客様ご自身の

それぞれのマイペースで進めていかれる「足づくり」。

 

それは、人生の足場作りです。

 

 

私たちは足のもとに身体がありますから

足が整って、初めて「カラダづくり」へと取り組めます。

 

お二人とも、足づくりを続けられたことで
特に、カラダへの影響が大きくでる妊娠・出産では
より快適なカラダになっていかれます。

 

妊娠、出産で、お客様から寄せられるご感想は
多岐にわたりますが

・妊娠中の足のむくみがない

・お腹が大きくなっても腰痛が出なかった

・腰が広がっていないから、9ヶ月なのに妊婦だと気付かれなかった(笑)

・歩いた方が骨盤が締まるから、お腹を支えられて、楽チン

・陣痛から6時間でつるんと産まれた!

・出産がめちゃくちゃ楽で、気持ち良かった♡

・産後の体形の戻りが速くて周りにビックリされた

・産む度に自分がキレイになるから、もう一人、産もうかなぁ♡

・アシタスタイルのおかげで、尿漏れに悩むこともなくなった

・忙しいけど、動き回っている方が楽しくて、毎日が快適!

・産後、夫との夜の営みが、ツラいどころかキモチイイ♡(夫からも前より良くなったと言われた)

・いつのまにか、ヒップアップしていて、夫や子どもたちから「ママのお尻、プリッと上がっていてカッコイイ」って褒められた

・産後太りどころか、独身時代の服がスルリと入ってビックリ嬉しい悲鳴!太らないから経済的だし、徐々にスタイルも良くなってきています

 

などなど、

男性よりも、骨盤が大きくかつしなやかなカラダを携える女性だけが体験できる「快感」の醍醐味を存分に味わっていらっしゃるご様子です。

 

 

「アシタスタイルは、足なのに、なぜ?」は、
体験し、続けた人だけが分かること。

 

Aさんも、Nさんも、お二人とも、
子育て真っ最中のママ世代。

 

そんなママが、忙しい中でも
毎日ちゃんと靴紐を結んで靴を履いている姿をみれば

子どもたちはママのするとおりに
ちゃんと靴を履くようになります。

 

一度でもそれを行えば

ちゃんと靴を履くことは、

決して面倒くさい行為ではなく

カラダが整う術であることを

カラダが訴えてくるから。

 

 

Aさんも、Nさんも、口でうるさく言うんじゃなく

毎日の暮らしの中で自然にそれを行えば

子どもたちも、自然と行うようになります。

 

 

なかなか理解していただけないアシタスタイル。

毎日、毎日、折れそうなのですが

まずは、自分から。

 

Aさん、Nさんの、お元気そうなご様子が伺えて、嬉しかったと同時に

私の目的を見失わないようにすること
私自身が、コツコツ続けることだと、

改めて初心に戻りました。

 

私は、もっと感じていい。

「キモチイイ♡」を知っていい。

快適でいい。

もっともっと快感を得ていいのだ。

 

 

カラダは、私が「感じる」ために、ある。

 

Aさん、Nさん、ありがとうございます。

 

 

関連記事 ⇒ 朝から怒鳴らなくなった私