靴の在庫はありませんので、早めの注文をお願いします。

井手口です。
 
お客様へ。
ほんとうにほんとうに、お願いがあります。
 
申し訳ございませんが、シューズの在庫は、置けません。
 

  
 
「靴を販売しているんだから、少しぐらい在庫は置いてるんでしょう?」
 
 
 
そのようにタカをくくられると、とても、困ってしまいます。
 

 

アシタスタイルにお越しになられた方へは、お伝えしておりますが

 

日本中のほぼ大多数の方が、
足と靴を誤解したまま幅広の靴を選択されておられるため、
 
 
私共が発信する情報の
必要性、重要性、緊急性が、
日本中の大多数の方に認識されていないため、
需要と供給が成り立ちません。
 
シューズの在庫が、置けません。
 
必要性に、重要性、緊急性に
気づかれて
「すぐに欲しい」とおっしゃられても
シューズの在庫は、ありません…
 
 
一度シューズを購入され、
その数か月後、
 
カラダに支障を来し
シューズの型崩れに気づき、
 
慌てて駆け込んで来られて
「すぐに靴が欲しい。在庫はないですか」
とおっしゃられても、
シューズの在庫はありません。
 
   
想像してみていただきたいんです。
 
定番品、10デザイン。
21.0~26.0 全11サイズ。
  
仮に、各一足ずつ在庫を置くということは
110足の在庫を抱えることになります。
 
それを行うと、弊社は、もうそれだけで、倒産します。
 
 
弊社は、店舗を持ちません。
 
店頭で靴を販売する靴屋さんではありません。
 
 
 
ほんとうに、ほんとうに、お願いです。
 
 
急いでご注文頂いたとしても、
シューズのお届けまでには2ヶ月強、かかってしまいます。
  
 
「その時」がきて
緊急事態に陥らないように
早め早めの備えをお願いいたしたく存じます。
 
 
カラダが悲鳴を上げる前に、どうか
・定期的なシューズのチェック
・サロンでの個別ケア
・フットチェック
・講座の再受講
 
などご利用いただいて、
 
ご自身で、早めの備えをしていただきたく、
何卒よろしくお願いいたします。
 
 
 
お客様の不調は、私たちには、図れません。
 
 
 
病気になって、慌てて対処しなくても済むように、
病気にならないように予防する方法をお伝えしております。
 
 
 
「その時」は「いつか」「必ず」訪れます。
 
 
だから、その時まで、
できるだけ元気でいられるように
その時が来て、困らないように
今のうちに準備をしておく方法なんです。
  
 
 
老いる覚悟をしてください。
 
そして、いつか、自分が必ず死ぬ日が来ることも。
 
  
他人事にしないでください。
 
 
 
ほんとうに、ほんとうに、お願いします。
 
 
病気になりたくないと思うでしょう?
 
みんな、ピンピンコロリが、良いじゃないですか?
 
 
ほんとうに、ほんとうに、お願いします。
 
 
 
ご自分のカラダを、
 
最優先に、
 
大切に、
 
なさっては、いただけませんか?
 
 
—————————
 
靴を着付け、足を躾け、
地に足を着け、地球を歩く。
 
日本式トータルフットケア
アシタスタイル
 
代表 井手口雅恵
 
—————————
 
 

Top