治らない病で病院に通って30年。こんなわたしにでも誰かを幸せに出来る

井手口雅恵 さま。

今日はお世話になりました。

緊張していた私の身体と、こころまで
ほぐしていただきありがとうございました。

本当に、こちらに伺うまでは病院を転々として、
医師からは
「うちの科ではもう調べ尽くしたから、
他の科や別の病院に行った方がいい

とか、

「こんなにいろいろな症状があるけど、
本当はどこが一番辛いの?」

とか、

「痛い。痛い。と言うけれど、
検査の結果ではどこの数値も決して悪くないんだから、
あなたは心療内科を受診した方がいいんじゃないの?」

と、冷たく言い放たされてきました。

ところが、井手口先生は
ご自分の体験を話されながら
親身になって私の話を聞いてくださいましたね。

そしてたくさんたくさんほめてくださいましたね。

とても嬉しかったです。

帰宅してから、両親に
今日とっていただいた足型🦶を見せながら
善してきたところを自分の足を使って説明しました。

そして、先生に教えていただいたストレッチを
両親の目の前でやって見せながら

「これを毎日、少しでもいいから、続けていくと
歩けるようになるんだよ。
おすわりできるようになるよ。」

……これでいいのか?

いままで何を言っても諦めてて
決してやろうとしなかった父が、
きなり壁に手をつけて始めたのです!

「ほんとだ!ふくらはぎがビリビリする!」
「こうしてるだけで体が熱くなってきた!」

それを見た母。
「どれ、どうやるんだぁ?こうかぁ?」

これまたビックリ!

母もまた、娘の話を聞く耳を、
持たなかったのですから。

長年病院通いしても良くならない
娘の話なんかあてにならない。

と、思ってたのかも知れません。

2人揃って、慣れないストレッチを
しようとしている姿を見て

涙が溢れてきそうになりました。
(ニコニコとアドバイスしながら心の中で泣きました)

だって
何回も何回もやろうとするんですもの。
嬉しくてたまりません。

また明日も一緒にやろうね。

そう言いながらしあわせな気持ちになりました。

本当にありがとうございました。

M.M。

//////////////////////////////////////////////////

M.M様

お世話になります。
アシタスタイル、井手口です。

これまでご苦労なさった体調のこと
お話しくださって嬉しかったです。

私もMさんと同じように
どこに行っても、
何をやってもダメで、

行動するたびに
自らコンプレックスを増大させているような
哀しい気持ちにばかりなり、
落ち込む一方でした。

アシタスタイルでは、
頑張らなくても心地よい方法で、
ムリなくできることを続けてくださいね、と
お伝えしています。

なにぶん、
ズボラな私が作ったメソッドなので、
どうぞご安心くださいませ。^^

 

Mさんから頂いたお返事を
何度も読み返しています。

Mさんが置かれていた状況を、
自分のことのように思い出しています。

「私の経験が他人様のお役に立てば」と、
日々、拙いながらも活動しております。

Mさんの言葉を、励みに、糧に、
また精進いたしてまいりますね。

頂いたメールの内容ですが、
お客様の声として、サイト上でご紹介をさせて
いただくことは可能でしょうか?

お名前は、匿名でも、イニシャルでも構いません。
Mさんの言葉が、まだアシタスタイルの存在を
知らない皆さんの希望の光になればと存じます。

ご検討くださると嬉しいです。

今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。

井手口

 

//////////////////////////////////////////////////////////////

井手口雅恵 さま

こちらこそ、いつも
助けていただいて感謝しております。

わたしの言葉でお役に立てるのであれば、
どうぞご自由にお使いください。

わたしは病院に通い始めて約30年になります。

中学生の時から不調が出始めて、
それからずっとなので
友達と遊びに出かけることもなく、
中学高校の遠足や
修学旅行にも行った楽しい思い出さえ

ありません。

幸運にも私は
ローズヒップの美容室に通い続けていたお陰で、
オーナーである伊達美穂さんに
こちらを紹介していただけました。

もしも、他の美容室に行っていたら、
誰にも教えてもらえることなく、

未だに重い身体を引きずりながら
病院に通い
大量の薬を飲み続けていることしょう。

知らないということはとても怖いことですね。

だけど、誰も知らないんですよね。

わたしも教えていただいて初めて知ったのですから。

ありがたいと心から感謝しています。

知って、通って、変化して

その感動を、今度はわたしも、
情報を求めている身近な人たちに伝え
っていきたいと思います。

こんなわたしにでも、
誰かを幸せに出来るお手伝いが出来るのであれ
こんな嬉しいことはありません。

どうぞわたしに遠慮なくご自由にお使いください。

M.M。

////////////////////////////////////////////////////

 

井手口です。

いつも明るくて
笑顔が素敵で
みんなを笑いの輪の中に取り込むMさんに

そんな壮絶な過去があるだなんて、

Mさんから直接お話を聞くまでは、
私もまったく、知りませんでした。

私と同じようにMさんの周囲の方が、
Mさんの体調のことを
どれだけご存じなのかも、わかりません。

 

仮に、状況を知っていたとしても

Mさんの身体からの絶不調の叫びは、
Mさんにしか、わからないものです。

 

私は、Mさんと同じ状態ではないにしても
薬漬けだった時代も経験しました。

動かない身体も経験しました。

毎日毎日、重たい身体を引きずるように
暮らしていました。

本当に体調が悪いのに
「また?!気合いが足りないからだ」とか
「若いのに、なにサボってんの!」とか
「自己管理ができていないからだ」とか
「人としてどうなんだ?サイテーだな」とか
さんざん罵られた経験もしてきました。

 

友達が怖くなった。

先生が怖くなった。

学校に行けなくなった。

 

登校拒否した。

 

同僚が怖くなった。

上司が怖くなった。

会社に行けなくなった。

 

転職を繰り返した。

 

一生懸命努力するのに、カラダが付いて来てくれない。

 

いろんな治療をしても、全然良くならない。

 

何がいけないんだろう?

私の何が悪いんだろう?

当時は、そう思っていました。

 

 

すべての他人は、
自分が想像する以上に、壮絶な体験をしています。

だからこそ、

 

文面でなく

SNS上だけでなく

私は、人とリアルでお会いすることが
好きなのだろうなと思います。

そして、

許可してくださった方のお身体に
触れさせていただくのが好きなのでしょう。

 

その方の身体を支え続け
その方と人生を共に歩んできたその足に
触れることが、好きなのだろうな、と、思います。

 

 

アシタスタイルは、

私が救われたくて、やっています。
私が私を救いたくて、やっています。

そうやって、報われなかった過去に
ずっと、
何度も何度も、リベンジしているのだと思います。

 

いつもたくさんのご支援を賜り、
誠にありがとうございます。


Top