素敵な靴は、素敵な場所へ連れて行ってくれる?

ううん、そうじゃなく、靴を選ぶのは私。

素敵な場所へ歩いて行くのも、私。

・仕事
・自立
・大人

ハンサムな足元でSexy が相応しい私になる靴

Femmush-biz・Concept(コンセプト)

◆トラッド
伝統的・普遍的・基本的

 ◆ハンサム
美形・自立・凛々しさ

 ◆ジェンダーレス
男女の性差をなくす

femmush-biz プラム

Message(メッセージ)

Femmush® デザイン、プランナーの井手口雅恵です。

かつて、ココ・シャネルは、
女性のコルセットとドレスを、ジャケットへと変革しました。

Femmush-bizは、
日本女性のパンプスを「シューズ」へと変革します。

 

私は、ずっと
日本女性のビジネスユニフォームが「パンプス」であることに、疑問を抱いておりました。

 

例えば、CAさん。
緊急脱出時には『ハイヒールは脱いでください!』と避難、誘導しなきゃならないのに、自分たちの足元はパンプスなんて、自ら危険を冒すようなものです。

 

足の骨格構造と筋肉量を考えれば、女性の華奢な足を支えるにあたり、パンプスでは靴が脆弱すぎます。

 

確かに、パンプスのように、甲部分に「抜け」を作ったアッパーでの包み込みがない靴は足入れがしやすいです。

靴との摩擦(靴ずれ)も、多少は回避できるかもしれません。

また、足の甲の高さも気にせずに、靴も選べます。

 

しかし、パンプスとは、ハイヒールから派生した靴であり、シューズではありません。

そもそもハイヒールの、靴としての位置付けは「アクセサリー」。

ドレスアップのために着飾る靴であり、長時間歩くためや、靴としての機能を果たせる実用的な靴ではないからです。

 

靴の性質と役割を知る欧米人は、歩く際にはシューズやスニーカーを選択し、キメたい時には、ハイヒールを選択します。

 

それが、文化です。

 

パンプスによって強いられる足の痛みやストレスは、女性であれば、誰しも一度は経験があるはず。

√ 注意力散漫、
√ 身体的疲労、
√ 集中力低下、
√ 生産力低下、など

非効率極まりありませんし、

「パンプスがツラくて、足が痛くて、仕事がツラい…」なんて、ナンセンス。

 

「靴を履いて疲れる」なんて、仕事どころじゃないじゃないですか?

 

 

昨今、労働力の減少が叫ばれる中、また、新時代到来において

・社交性
・コミュニケーション能力
・マルチタスク処理力 
・喋る力
・共感力

など、女性脳が得意とする能力を用いての社会貢献は必至。

 

だとすれば、

今ここで、日本にも「靴をちゃんと履く」文化を培おう。

 

Femmush-biz 試作の段階で、弊社へいらっしゃる男性陣へお願いして、
足入れをしてみていただいたところ、

「こんなフィット感は初めて!!」
「しなやかで足馴染みがよく歩きやすい!!」

な、ご意見を頂戴するほどに好印象でしたので

女性のためだけでなく、男性にも履いて頂ける靴に、と、シフトチェンジをいたしました。

 

なかなかにハンサムな、ジェンダーフリーなデザインに、仕上がりました。

男性の方でも

・足が小さくて靴のサイズがない
・靴ずれが痛くて大き目サイズを選んでいる
・育てる紳士靴は、硬くて好まない

など、靴にお困りの方にも履いて頂けるトラッドシューズです。

現在のサイズ展開は、21.0cm~25.5cm。

今後、デザインや、バリエーション展開も視野に入れております。

 

靴ジプシーの皆様へ、アシタスタイルは、靴の快適も、お届けします。

 

ご注文には、ご試着が必須です。
希望日時を3候補ほどご用意の上、メール又はお電話で、ご来店予約をお願いします。

⇒ MAIL:ashita.style@gmail.com
⇒ TEL: 03-6457-4507
メールの件名に「靴試着希望」と明記ください。

 

Femmush-biz誕生秘話はこちら