/////////////////////////////////////////

Femmush-biz・Story(ストーリー)

素敵な靴は、
素敵な場所へ
連れて行ってくれる?

ううん、
そうじゃなくて、

靴を選ぶのは私。

素敵な場所へ
歩いて行くのも、私。

・仕事。
・自立。
・大人。

ハンサムな足元で
Sexy が相応しい私になる靴

/////////////////////////////////////////

靴一足を作り上げる工程は
家一軒を建てる工程に
とてもよく似ています。

 

 

///////////////////////////////////////////////

Femmush-biz・Concept(コンセプト)
◆トラッド
【伝統的・普遍的・基本的】

 ◆ハンサム
【美形・自立・凛々しさ】

 ◆ジェンダーレス
【男女の性差をなくす】

//////////////////////////////////////////

Message(メッセージ)

Femmush® デザインプランナーの井手口雅恵です。

かつて
ココ・シャネルは、
女性のコルセットとドレスを
ジャケットへと変革しました。

 

Femmush-bizは、
女性のパンプスやハイヒールを、
シューズへと変革します。

私は、ずっと
日本女性のビジネスユニフォームが
「パンプス」であることに
疑問を抱いておりました。

 

例えば、CAさん。
緊急脱出時には
『ヒールの靴は脱いでください!』
と避難誘導しなきゃならないのに
自分たちはパンプスで緊急対応など
自ら危険を冒すようなものです。

 

足の骨格構造を考えれば
女性の華奢な足を支えるにあたり、
パンプスでは弱すぎます。

 

甲部分に「抜け」を作り
アッパーでの包み込みがない靴は
確かに足入れがしやすいですし

甲と靴との摩擦(靴ずれ)も
回避できるかもしれません。

また、甲の高さも気にせず
靴が選べます。

 

そもそも
ハイヒールの位置づけは、
アクセサリー。

・ドレスアップのために着飾る靴で
・長時間歩くための靴ではありません。

 

靴の性質と役割を知る欧米人は
歩く際にはシューズやスニーカーを選択し
キメたい時には、ハイヒールを選択します。

 

パンプスによって強いられる
足の痛みやストレスは
誰しも一度は経験があるはず。

√ 注意力散漫、
√ 身体的疲労、
√ 集中力低下、
√ 生産力低下、など

非効率極まりありません。

 

靴を履いて疲れる、なんて、
仕事にならないじゃない?(笑)

 

昨今、労働力の減少が叫ばれる中で

・社交性
・コミュニケーション能力
・マルチタスク処理力 など

女性脳特有の能力を用いた社会貢献は
今後必至です。

 

だとすれば、

今ここで

「靴をちゃんと履く」文化を培うべきではないですか?

 

 

試作の段階で、
弊社へいらっしゃる男性陣へお願いし
足入れをしてみていただいたところ

なかなかに好印象でしたため

女性のためだけでなく
男性にも履いて頂ける靴に、と

シフトチェンジをいたしました。

 

なかなかにハンサムな
ジェンダーフリーなデザインに
仕上がりました。

 

√ 足が小さくサイズがなくて困っている
√ 靴ずれが痛くて大き目の靴を選んでいる

そんな男性の方にも履いて頂ける
スタイリッシュなトラッドシューズです。

現在のサイズ展開は、21.0cm~25.5cm。

今後、
バリエーション展開も視野に入れております。

 

Femmush-biz誕生秘話はこちら

///////////////////////////////////////

 

靴だけのご購入はできません。

ご購入希望の際には、
靴選びセミナーの受講が必須条件です。

靴は、
身体を支える道具ですから
足と靴の取扱説明書が必要です。

 

靴が合わなくてお困りの
靴ジプシーの皆さまへ
一人でも多く
試していただきたく存じますが

足元のストレスを軽減するためには
靴だけを変えても、叶いません。

・靴の役割を知ること。
・足と靴の関係性を知ること。
・靴を着る技術を身に着けること。

 

◎ちゃんと靴を履くことは
 箸を使うのと同じ技術です。

◎靴ひもを結ぶことは
 着物の着付けと同じ技術です。

 

◆靴選びセミナーは ⇒ コチラ

◆足づくり初級講座は ⇒ コチラ 

◆講座スケジュールは⇒ コチラ