労働、勤怠、報酬、対価、を考えてみる

井手口です。

自宅にいることが、新型ウィルスの拡散を防ぐこと。

緊急事態宣言が発令され、限られた行動の中で、いま、感じていることを綴ります。

 

 

聞きたいことがあるの。

会社は今、従業員さんたちは、在宅勤務?

もしそうなら、

勤怠管理をどうしているか知りたいんだけど。。。

 

 

ある日、家族から、LINEが着ました。

そこでの Aちゃん井手口のやり取りです。

 

 

(井手口)

うちは社員二人で、勤怠は申告制なのよ。

信頼関係だけで成り立っています(笑)

 

働き方改革にも取り組んでいて

働き方そのものが、
一般企業とは違うので

あんまり参考にならないかもしれません。

 

 

社労士さんへ相談するのが良いと思います。

 

 

在宅ワークの場合、
通常勤務より7割ほど下げる、
が、社会通念とされているようだよ。

 

 

 

大企業じゃないしなー。

うちは小さいとこよ。

 

 

 

社長の考え方次第だと思うよ。

私は、会社は社員の力があって
ここまで来れたから

貢献度も加味して
業務は減ってもお給料は減らしません。

 

むしろ

在宅ワークでやれることを
やって頂こうと思っているから。

 

 

報酬とは、
「労働」に対する見返り、

なのだけど

多くの会社はその「労働」の捉え方が、
作業料だったり、従事時間だったりする。

 

 

私の考え方は

作業料や、従事時間よりも
知識度、経験値、人間力、創造力
と考えているので

むしろ、

在宅ワーク期間中に本領を発揮してもらおう!
って思っているよ。

 

チーム力を高め
絆を深めるチャンスでもあるからね!

 

 

社長と話してみたら?

 

 

 

 

雅恵社長みたいな人ならいいんだけどね…
ゴニョゴニョ…

 

取締役の〇〇さんに相談に乗ってもらってて

だいぶ良くなった点もある。

〇〇さんに相談するわ!

 

 

 

良いと思います!

現場主義の社長は、なかなかいないからね(笑)

 

ちなみに、私の憧れの社長さんは

ジャパネットの高田社長と

エスコヤマの小山社長です。

 

ピンチの時こそ 本質が見えるから(笑)

正直な人と人生を共にしよう。

 

 

 

ふむふむ。ごもっとも。

 

 

 

あとは、

雇用されている立場から

在宅ワークに切り替えても
仕事はキッチリこなすんで給料減らすな!
的な、根回しをすること。

 

例えば

今まで手付かずに来ているバックヤード仕事

顧客管理とか
今後の営業戦略立てとか

この度の事態で
今後は
これまでと集客フローが確実に変わるから

先手、先手、で
社長が気づかないことを教えてあげるの。

 

「コイツ、そばに置いとくと役に立つな♡」
と、社長に思わせれば良いのです。

それこそ、Aちゃんの得意分野よ!

 

マネジメント業務ですね。

 

いかにお客様に喜んで頂けて

かつ、会社の利益を産める

価値ある人間になれるか?が

世界中の業種の今後のテーマだと思います。

 

がんばれーー!

Aちゃん!

 

 

 

おぉーーー

さすが経営者ね!!

ウチの社長を教育してほしいわ…

うん、がんばるね

ありがとね!

 

 

 

あはは!ありがとう。

今回のことで、

本気で人と関わっていない

自分だけが得しようとする人間は
自然淘汰されます。

愛こそすべてよ!!!♡

(臭いwww)

 

 

 

そうだそうだーー!(^▽^)

 

 

言い換えれば

社員が社長を教育する
とも言う(笑)

育児は育自っていうじゃない?

 

親は子どもによって
親にしてもらう、という考え方。

ホントは社長が気づかなきゃならんのよ。

 

もし、

Aちゃんが今いる会社を本気で愛していて

本気で良くしたいと思うなら

Aちゃんが本気になることです。

 

 

すっごくタイヘンだけど

本気で関われば人は変われるよ、
極悪人でなければ、ね。

 

基本的に、
人って優しさの塊で
誰かの役に立ちたくて生きているから。

 

 

世界を変えるきっかけは

いつも

たった一人の想いから。

 

です!

 

 

 

良い会社だねー

羨ましい…

 

初めの頃は、
会社がやっていることを広めたい!
という気持ちもあって、

会社のためにも
メッチャ頑張ってたんだけど

 

ウチの社長って、
ありがとうを一切言わない人でね…

 

何をしたって、
当たり前って思われてる感じでね…

 

だんだん一生懸命やってるのがアホらしくなってさ。

 

私じゃコイツ変えられん…って思ってしまったんだな…

 

 

あーーー

 

生きていくってホント大変。

 

もがきながら頑張るね。

 

 

 

そっかー

それは残念だねぇ…

Aちゃんから愛想つかされちゃうなんて
相当な社長やん。

 

一回でも萎えたら
気持ちが冷めてしまうから
情熱を持って仕事なんてできないもんねぇ。

 

身の振り方考えつつ

 

特にこの数ヶ月はみんなが

これからの人生を

模索しながら生きるんだと思うよ。

 

 

そう、ずっとずっともがくのよ。

それが人生だから!!(笑)

 

 

平気そうに見せてるけど

ウチの会社もめっちゃ大変です!

 

 

 

Aちゃんが「これ見て笑お♡」
と猫が大阪弁喋ってるおもろい動画を送ってくれました。

 

 

うんうん、なんでも楽しまないとね。

この動画、知ってる!
会社でみんなと観てるよー

ウチ、そんな会社。^^

 

 

 

あーー!

知ってたかぁ!

楽しい会社ね♪

 

 

そう!

仕事は楽しく!

遊びは真面目に!

です。

またねー

———————————

 

多くの社員さんを雇用する社長さんは、いま、本当に大変かと存じます。

 

 

自分のこと、家族のこと、会社のこれからのこと、お客様のこと。

 

 

社員さんにも、それぞれに、家族があり、生活がある。

 

 

大なり、小なり、いま、みんなが、大変です。 

 

 

 

こんな時にも、暮らしやお金や時間に余裕のある人は、他人を思いやれたり、ゆとりある行動ができて、素敵だなぁと思いますし、

その状況をご自身で確立されてきたわけですから、リスペクトが止まりません!!!!

 

 

小市民の私は、私なりに楚々と生きながらえておりますが、実際は、眠れない夜の方が圧倒的に多いです(笑)

 

 

 

労働ってなんでしょう

 

勤怠ってなんでしょうね

お勤めって?

怠るって?

 

報酬ってなんでしょうね

 

対価ってなんでしょう

 

お金ってなんでしょう

 

 

またいつものように疑問が湧いて

「そもそもさぁ」が頭の中をぐるぐるして、さらに眠れない日々が続きます。

 

 

前述の

「仕事は楽しく!

遊びは真面目に!」

 

この言葉は、

アシタスタイルの二人の社員である
海老原シスターズのお母様の言葉。

 

今は亡き方ですが、
遺してくださったさまざまな言葉は
シスターズの生き方を支え続け

重要な場面で度々登場して、
私たちチームアシタスタイルのピンチを
いつも、救ってくれます。

 

 

あきちゃんは、事あるごとに言います。

 

「うちのお母さん生きていたらなぁ~

社長に会わせたかったなぁ~!」

って。

(うん、私も会いたい!)

 

 

 

今まで当たり前だったことが
無くなって、改めて、

当たり前じゃなかったことに
気が付くいろいろな事がありますよね。

 

 

 

新学期が始まったのに、学校に行けない新一年生もいます。

新社会人になったのに、まだ一度も、社会人を行っていない新社会人の皆さんもたくさんいらっしゃいます。

 

 

働きたいのに、働けない。

学びたいのに、学べない。

 

 

そんな毎日を、いま、どう過ごされていますか?

 

この状態を、どう、捉えていますか?

 

 

 

「学校へ行く」ことが目的だったあなた。
「会社へ行く」ことが目的だったあなた。

いま、(どうしたらいいんだろう?)と、途方に暮れていることでしょう。 

 

 

 

「学校に行って行う」ことが目的のあなた。
「会社に行って行う」ことが目的のあなた。

思いがけず多くの時間を手にし、毎日ワクワクが止まらないのではないでしょうか?

 

 

前者ですか?

それとも、後者でしょうか?

 

 

 

あなたがそこへ行けなくても
あなたを迎える予定だった学校や企業は、
いま、あなたを迎えていなくても組織の運営を行っています。

 

 

運営する目的が、他にあるからです。

 

 

 

その組織と同じように、そこへ行かなくても、いま、やれること、取り組めることはたくさんあります。

 

 

 

自分で行える勉強です。

本を読んだり、

出来なかったことを練習したり、

新しいことにチャレンジしたり、

苦手克服に向け、再トライしたり、

 

部屋を片付け、要らないものを処分したり。

 

大切に想う人へ連絡を入れたり。

 

 

 

忙しさにかまけて後回しにしていた「面倒くさいこと」に向き合うチャンスです。

 

 

 

面倒くさいことの先に

真理が隠れていますから。

 

 

 

 

さて、

世界中のすべての優良組織の運営目的は

「世の中を良くするため」の活動です。

 

 

 

その行動はさまざまですが、

「世の中を良くする」目的から外れた組織は、

真心がなく、誠から外れます。

自ずと自然淘汰されるのだと思います。

 

 

 

そんなことを思いつつ

「あなたが生きる目的は何ですか?」

と、私は私へ問いかけながら、

在宅を強いられているこの機会、

これまで以上に徹底的に向き合っています。

 

 

 

「足を特別に大切に丁寧に扱うところ」という
アシタスタイルのブランディングも
成功したことですし、

会社の経営そのものを見直しながら

アシタスタイルの在り方と
今後の方針を定めつつあります。

 

 

 

直近では
オンラインスクールの準備をしています。

もうじき発表しますので
今しばらくお待ちくださいね! 

 

 

「買って応援企画」へのお申込みも頂戴し、誠にありがとうございます。

「オンライン相談室」のお申込みも頂き始めました。ありがとうございます。

 

引き続き、私たちにできることで精一杯の活動を継続いたしてまいりますね。

 

最後までお読みくださりありがとうございました。