運動も何もしていないのに。食べたいものを食べていたのに。いつのまにか体重が4キロも減っていた

「いつの間にか

体重が4kg落ちてた♪」

facebookで流れてきた投稿に目が留まりました。

井手口です。

 

その投稿は、

一年ほど前に
アシタスタイルの講座へ
お越しくださったお客様の記事でした。

 

「いつの間にか体重が4kg落ちてた!!
食べたいものを食べているし
制限はしていません。
何の努力もしていないのに~」
と。

—————————

その投稿を拝見し
お伝えしたいことがあり
コメントを入れさせていただきました。

 

「骨盤が締まってきていますね!
体重が減っても
達成感がないのが
アシタスタイルの弱点です(笑)」

—————————-

世間の常識は

痩せるためには我慢と努力が必要。

だけど

アシタスタイルの常識は

我慢なし。

努力なし。

身体の声に応えて

身体が喜ぶ気持ちいいことを続ければ

勝手に痩せるし

健康に

美しくなる。

です。    

———–

体重を落とすとかダイエットとかって

食事制限したり
負荷をかけて筋トレしたり
汗をかく運動をしたり

無茶苦茶大変なことで
我慢や努力なしには手に入らないと
大抵の方が、思っていらっしゃる。

かつての私も、そう思い込んでいました。

痩せるためには
身体へ入れるエネルギーを制限する必要がある。と。

糖質や脂質を減らすため
食事を我慢したり
また、消費するための運動が必要だ。と。

ですが

理想の体型になるのに
我慢や努力は必要ないのが
アシタスタイルメソッド。

食事制限ありませんし
走ったり、運動したり、筋トレは一切いたしません。

 

その代わりに行うのが

日常、「正常に立ち、正常に歩く」。

自分のペースで構わないので
できる限り徒歩での移動をしていただきます。

重力がかかる地球で
ご自身の体重を支えるだけで、
その重さを移動させるだけで、
充分に立派な運動だからです。

ですから、

身体を正常な位置で使えば、
わざわざウォーキングの時間などを設けなくても、
日常歩行がながら運動になります。

確実に、筋力が増えます。

特に、下肢には、全身の筋力が3分の2が存在しますから、

自動的に筋力がアップしていき、

自動的に代謝が上がっていきます。

 

身体が整ってくると
感覚が鋭くなってきますから
「本当に食べたいもの」を肉体が欲するようになります。

脳の記憶に騙され、空腹でもないのに、
視覚で「美味しそう!」と
間違って食べることをしなくなります。

菜食主義の方が、たんぱく質を欲するようになったり
あまり水を飲めなかった人が、水分を取るようになる。

甘いものを摂らなくて済むようになったり
お酒の量が減ったりもします。

これらの行動すべてが

身体が求める自然な「本来あるべき正常な形」となっていくため

一切、頑張って行わないため

全く、達成感が、得られません。

 

「いつの間にか」

「そう言われてみれば」

「『痩せた?』って聞かれて」

初めて体重が減っていることに気づく。

 

アシタスタイルのウォーキングは、

かかと荷重がなくなり
浮ゆびが改善します。

足元から骨格配列が整い
「骨並び」が良くなります。

上行性運動連鎖によって

勝手に骨盤が締まるポジションへ骨格が整い

腸腰筋が鍛えられ

反り腰が改善し

歩行のたびに身体が調整されて行くからなのですけれど

お客様がなさっていた投稿へ
私の方からコメントさせていただいたのち

やり取りの中で

「肩こりは早い段階でなくなっていましたよ。」

「そういえば、最近、マッサージへ行っていません!」

そうしているうちに
ようやく、思い出していただきました(笑)

 

なにが起きるかって

「忘れちゃう。」んです。

アシタスタイルは
原理原則に基づくメソッドですから
「あなたの正常の一部」と化していきます。

 

ですから、あなたが思い出してくださらないと

アシタスタイルは、忘れられていきます。

(ときどきは思い出して欲しいなぁ。)
なんて思いながら今日はブログを綴っております。

 

私が、なぜ、
あなたに、アシタスタイルを思い出して欲しいかといえば

知ったあなたが
周りの方へ伝えていってくださらないと
アシタスタイルを必要とする多くの人たちに届かないから。

 

あなただけが、肩こりがなくなって
あなた以外の人が、肩こりで苦しんでいるのを、黙って見ている?

 

あなただけが、食べても太らない身体を手にいれて
あなた以外の人が、太っているのをきにしているのを、黙って見ているの?

 

あなただけが健康になって、

あなた以外の人が不健康でも、黙って見ているの?

 

って、そんな風に思うからです。

私がこの仕事をするのに大きな2つの理由があります。

1つ目は
靴を買うときに困らない世界をつくりたいから。

現時点では、靴屋さんを覗いても、私が欲しい靴が、ほぼ、見つからない。

崩れた足に合わせて木型が起こされている靴ばかりだから、全体的に太くて、スタイリッシュじゃない。

かかと周りが大きくてゆるくて抜ける靴は、疲労感が果てしなく続きます。

「この靴を履いてみたい!」と、心の底から思えるような、
私の大切な身体を預けられる靴には出会えない現実を変えたいからです。

2つ目は
簡単に健康になれる方法を見つけた私だけ、この情報を一人占めにしてはおけないから。
みんなと分かち合いたいから
です。

下半身の太さと、アキレス腱の埋もれた太い足首がコンプレックスだった私の体型を、たったの45日でパンツサイズを2サイズもダウンさせた方法です。

あらゆる未病を抱えていた不健康デパートの私が、不調のすべてを手放した方法です。

 

 

自らの体験によって、シンプルなカラダの本質に気づいてしまったから、独り占めになんてできません。

知っているのに教えないなんて、自分に嘘をついて過ごすことになる。

嘘つきのままでは、イヤです。

だから、私には伝える責任がある。

 

外反母趾が一生治らないと医師に断言された、あの日の絶望感は忘れません。

対処だけで結果が出ない治療法や、いつまで続ければよいのか先が見えない病院通い。

努力とモチベーションが不可欠な継続運動。

エステにも大金を投じてきました。

結局は続かなかった。難しかった。

頑張らなきゃならないことは、継続できません。

 

私たちは怠けたがる動物です。

ですから、継続習慣化の裏に必ずあるものは

「心地よさ」
「快適」
「楽しさ」
「笑顔」。

 

毎朝、欠かさずお散歩しているおばあちゃまは、ストイックなのではなくて気持ち良いから毎朝お散歩してるんですよ。

ランニングしているおじさまも、ストイックなのではなくて、気持ち良いからランニングするんです。

マラソンに出場する人は、ストイックなのではなくて、気持ち良いからマラソンに出場するんです。

走ることが、カラダの自由な解放で、気持ち良いし、それだけじゃなく

大会に出ると、沿道から、多くの声援をもらえるし

走りきった、やりきった達成感は、

自分で行った人だけが得られる

唯一の経験。

気持ち良いから走るのです。

 

子孫繁栄は、最たるもの。

セックスが気持ち良いから男女は交わってきたのです。

頑張って継続するのではなく
勝手に続くようにできているのが

カラダの仕組み。

私たちの仕組み。

 

【継続】と【快感】は必ずセット。

気持ち良いから続くこと。

考えなくてもいいこと。

身体が求める心地よさの追求です。

 

アシタスタイルメソッドを知れば
歩くことは疲れることではなく
気持ち良いことであることがわかります。

歩くことが当たり前の日常に変わっていきます。

歩くことで、頭の中も整理され、思考も変わります。

そうやって

特別なことではなく
歩くことが当たり前に変わります。

骨で立つから、筋肉は疲労しません。

骨盤が締まります。

お通じが良くなります。

生理痛がなくなります。

出産が楽に行えます。

血流がよくなります。

筋肉が増えます。

基礎代謝が上がります。

若返っていきます。

背面の抗重力筋を使うため
姿勢がぐんぐん良くなります。

私たちの身体の皮膚は一枚皮の中に全部がセットされていますから、その中で正しく骨を配列させて、筋肉を形状記憶させて行けば良いのです。

肩胛骨がゆるみます。

だからバストアップします。

表情筋が引きあがります。

猫背が改善します。

腰痛がなくなります。

肩こり、首コリが、なくなります。

頭痛が取れます。

「顎関節症が治った!」
「空きっ歯が治った!」
「頭の形が変わった!」

そんな声も出てきます。

 

たくさんの変化が起こりますが、

身体の不調というのは
部長を訴えてくる「痛み」や「不具合」というシグナルがあるからそこ気づけますが

不調シグナルが消えてなくなっていくから、気づきません。

不調がないのが普通、へと

成っていく。

 

根本的に改善しますから、

悪い方へ戻って行かず

そうなると、

ますます
身体は不調シグナルを出さず
ますますアシタスタイルは
忘れられていきます。

こんな感じで
アシタスタイルメソッドで身体が変化したとは
なかなか気づいてもらえないのです。

思い出してほしいなぁ…

そして、
あなたが健康になれる方法を
あなたの大切な人へもその方法をお知らせして欲しいなと思うのです。

 

目指すところは

原点回帰。

 

野性動物たちのような、

一切無駄のない

美しい姿。